今日もヘナ日和





















オーラカラー
商品紹介でも簡単にオーラカラーのご紹介をしています。

IPMヘナケアーのパッケージが今年の夏から新しくなりました。
ヘナは以前のシルバーからヘナの色でもある元気なオレンジに、インディゴは黒から藍色に変更になりました。ハーバルブレンドは黄色、アーマラキーは紫です。
代表の山本曰く、オーラカラーを意識して、パッケージの色を決めた とこのこと。

カラーコーディネートや色で深層心理を探ってみたりと”色”の持つ魅力をご存じの方も多いと思います。ビジネスシーンでも、いざっ勝負!って時は赤いネクタイをしめていくって話、聞いた事ありませんか?

私たちは、初対面の第一印象である程度人の好き嫌いが決まってしまうと言われています。そして、その印象はなかなか変わらないもの。”第一印象で9割決まる”というキャッチコピーもよくみかけます。

さて、ヘナと第一印象のお話し、一体どんな繋がりが!?

ここからは、これまでのカラーリングのイメージをちょっとだけ忘れてください。

まず、髪の毛は東洋医学では「血余」ともいわれ血液の余ったものと考えられています。
血液が排泄されて生まれ変わったものが髪の毛というわけです。
例えば、DNA鑑定も髪の毛でできますし、最近では体に残った有害物質の検査をするにも髪の毛を使います。このように、髪と体にはとっても深い関係があるんです。

IPMは髪と頭皮、頭皮と体を一つとして考え、ヘナはホリスティックなものと捉えている由縁はここにあります。

ここまでで簡単に髪の毛と血液の関係、ご理解いただけたでしょうか?

さあ、ここからが本題です。
IPMヘナは個人の血液の状態、体調により、発色する色合いが違います。
「え?どんな色になるのか分からないじゃ心配でできない」と思われたあなた!!!

心配は無用です。

IPMヘナは個人の血液の状態や体調によって発色する色合いが異なりますが、その状態に反応するので、その方の肌色に一番あった色合いに落ち着いてくるんです。

なので、今の髪色を1.現状維持 2.現状よりライトアップ 3.現状よりダークに というご希望からブレンドする配合を決めていきます。

そして、これが誠にいい色合いに発色してくるんです。
「あの人と同じ色にして!」というご希望は難しいですが、その方に一番あった色合いに落ち着いてきます。自然のもつ力とは神秘的なものです。

髪は顔の額縁 というくらいですから髪が与える第一印象も大きいと思います。
髪色だけじゃなく、髪がツヤツヤきらきらしていたら、好印象UPを最大限に引き出してくれるはず。
バージンヘアのツヤサラは、内面の輝きが湧きでているようでもあります。

ヘナを体験された方からは、オーラもきれいになったみたい と言う声が以外にも多いんですよ。
山本がパッケージの色を、オーラカラーを意識してつくりなおしたのも、お客さまのこんな声からなんです。

IPMヘナは白髪染めの他にもカラーリング後のハーブトリートメントとしても使っていただけます。
カラーリングした髪も一段といい色合いに落ち着いてきて、おしゃれも楽しみながらケアーも取入れていけば、一石二鳥ですね。

さてさて、長らくお読みいただきありがとうございます。
散々、説明してきてなんですが、IPMは設立当初から体感していただく事を大切にへナケアーをお伝えしてきました。お客さまの多くはピピッと直感で感じる方も多いようです。

こ難しい理屈は後回し、まずはヘナケアーを体験してみましょう。あなたの体感、感覚が教えてくれるはずです。
そして、ご自身のオーラをピカピカに磨いて、幸せオーラをふりまいていきましょう。
IPMヘナケアーはあなたのHappy Lifeを応援します。 

※体験講習会ではキャッチセールスは一切行っていません。安心してご参加下さい。